2021年01月20日

感染リスクが高まる『5つの場面』と感染予防

みなさん、こんにちは!
寺尾地域ケアプラザ生活支援コーディネーターの長浜です。

2回目の緊急事態宣言が発令されてからあっという間に
1週間が過ぎましたね。皆さんいかがお過ごしでしょうか?

この間にも成人の日を迎え、初めての大学入学共通テストが始まったりと
コロナ禍であっても様々な事業、行事が感染対策を行いつつ継続されていますね。

厚生労働省からコロナ対策のポイントとして『感染リスクの高まる5つの場面』の
お知らせがありましたのでご紹介します。

場面1 飲酒を伴う懇親会等
場面2 大人数や長時間に及ぶ飲食
場面3 マスクなしでの会話
場面4 狭い空間での共同生活
場面5 居場所の切り替わり

詳細は以下のポスターをご覧ください。
感染リスクが高まる「5つの場面」.pdf

皆さんもニュースで何度も目にしたり、お聞きになってなっていると思いますが、
ここで気を付けたいのが、今は何もするなと言うことではないということです。

今必要なものなのか、早急にやらなければならないことかを皆で考えて整理した
結果、取り組むべきことは感染対策をしながらやっていこうという思いです。

実際に長期化した自粛生活の影響で、心身の衰えが出てきた方がいらっしゃいました。
コロナに負けないように
・手洗い・うがい・マスクの着用をして、うつらない・うつさない
・自宅や公園などで体操や散歩など適度な運動
・免疫力を高めるために普段の食事の見直し
・食事や会話を楽しむためにお口に手入れ  
・電話やメールを利用した人との交流    などなど

感染予防にはたくさんのアプローチがあります。
ご自身のケアのことこと、お知り合いで気になる方がいれば
お近くのケアプラザまでご相談ください。
みんなが安心して暮らせるために必要なことを一緒に考えていきたいと思います。




posted by 寺尾地域ケアプラザ at 00:00| ケアプラザからのお知らせ